【施主が学ぶやさしい住宅建築講座-30】外壁仕上げ-軽量気泡コンクリート(ALC)

スポンサーリンク




前回に引き続き、乾式工法の外壁工事の解説です。今回は『軽量気泡コンクリート』(通称:ALC)の工事を見ていきましょう。前回の窯業系サイディングよりも厚みのある外装材です。前回の講座は以下復習して下さい。

【施主が学ぶやさしい住宅建築講座-29】外壁仕上げ-窯業系サイディング

2018.09.11

ALCは、オートクレーブ(高温高圧多湿養生)処理され、工場で生産管理された軽量気泡コンクリートパネルで、軽石のような素材です。主に中低層の鉄骨の建物外壁に使われ、代表的なハウスメーカーは旭化成の『ヘーベルハウス』です。

Wakamoto
鉄骨の建物は、構造躯体自体が熱伝導率が高い「鋼材」なので、外壁材は熱を伝えにくい素材が望ましく、重量鉄骨造ではALCが良く使われます。木造住宅では、旭化成建材の『パワーボード』遮熱効果や耐火性能の高さで選ばれています。

ALCパネル

乾式工法の外装材は、工場で生産されトラックで現場に運搬されてきます。ALCはコンクリートながら、気泡が入って軽石のような軽さで、1枚の厚みが木造用で37ミリと、窯業系サイディングに比べ2倍強の厚みのある材料です。ただし一般的な住宅で外壁は200m程度あるので、運搬費は嵩みます。

材料寸法

工場生産の規格品で、標準品は幅606mm、長さが1,820mmと2,000mmの二種類、厚みは37mmが最もポピュラーです。基本的には「横張り」をしていきますので、パネル同士のジョイント部分の目地が、約60cmピッチで横方向に縞模様となります。

施工方法

透湿防水シートの上に胴縁を打ち付け、ALCパネルを専用ビスで留めていきます。比較的加工しやすい外装材なので、場合によっては角が欠けてしまうことがありますが、ビス穴の補修も含めて専用のタッチアップ材とコーキングで埋めた上で、塗装仕上げをするため、見た目も性能も問題ありません。(胴縁下地なしでALC直貼り施工もあり)

下地づくりは以下を参考にして下さい。

【施主が学ぶやさしい住宅建築講座-26】外壁下地と通気層(乾式工法編)

パネルの種類

ALCのパネルには、フラットな標準品のほか、縦横のラインが入ったものタイルやレンガ調に見えるような目地デザインのもの、コンクリート打ちっ放し風のパネルなど、いくつかバリエーションがあります。窯業系サイディングのように色や柄のバリエーションが豊富な”化粧仕上げ”されたものはなく、素地そのままの材料です。

パネルによって多少価格の差がありますが、材工共の単価は概ね5千~6千円。透湿防水シートや胴縁などの下地を含むと7千円/mなので、一般的な二階建て住宅の外壁面積が200m程度であれば、150万円前後が塗装仕上げ前の外壁の建築コストです。

コーキング(ジョイントパテ埋め)

ALCは厚みがあるため、パネル同士のジョイント部分は少し隙間を開けて、クッション性のあるバックアップ材を隙間に詰め、その上からシリコンでシール(コーキング)します。画像の白いラインがコーキングで、建物の角部分は専用のコーナー部材を取り付けます。ビス留めの穴もパテで埋めて塗装すると分からなくなります。

化粧された窯業系サイディングでは、このコーキングがそのまま外気に触れるため、紫外線等で劣化しますが、ALCの場合はコーキングの上に防水塗膜を塗るため、直接紫外線が当たらず劣化が抑えられます。

目地隠しフラット仕上げALCは軽くて遮熱や防音効果もある外装材なので、その効果を期待して選ばれる方が少なくありません。しかしやはり気になるのは60cmごとに横ラインが入る「目地」がイヤだという方が圧倒的に多いのが現状です。そのため目地が目立たないようなスリムラインの横ストライプ柄のデザインパネルを選ばれたり、少し凹凸のある塗装仕上げを厚めに吹付けるといったことも行われます。

画像の事例は、道路に面した正面だけでも「目地を消したい」というご要望で、目地に寒冷紗パテしごきという、目地をフラットに埋める追加の手間を重ねた事例。隣家に面した側面は目地をそのまま残しているのが分かります。この現場では、超弾性吹付け材の『スタッコフレックス』で仕上げ、漆喰壁のような雰囲気になりました。

吹付け塗装準備

コーキングやビス跡のパテ埋めが終わったら、サッシなどが吹付け塗料で汚れないようにシート養生し、塗料を吹き付けます。ALCの場合は少し厚みがあり耐候性の高い『ジョリパット』(アイカ工業)や『ベルアート』(スズカファイン)を吹付けるケースが多く、目地を目立たなくするとともにコーキングの劣化も遅らせます。

外壁はALCを張り、バルコニー腰壁の内側は無塗装の窯業系サイディングとした事例。手摺り壁は笠木や手摺りがスリムなほうが良く、遮熱性能等も不要な箇所なので材料を使い分けしています。

トップコート(色づけ)

塗料の種類によりますが、下地塗りは白い保護膜をつくり、仕上げのトップコートで色を出す吹付け塗装であれば安価な仕上げが可能です。しかし色のついた表面仕上げの塗膜は薄く、紫外線により次第に色褪せてくるので、左官仕上のような表情もつくれる、基材自体に色がついている吹付け塗装がお勧めです。吹付けの単価は2,500~3,500円程度でしょう。最も安価な「リシン吹付け」であれば半額程度で可能です。

 
Wakamoto
以前は木造住宅でもALCを使うことで、耐火性能が高まるという火災保険会社の評価があり、火災保険料が20万円程度割引になっていました。自然災害が増えた今では、住宅ローンの返済期間と同様な「長期の火災保険」が組めなくなり、保険料負担が大きくなっています。水害まで考慮しなければならない時代ですが、ALCは耐久性も高い優れた外装材です。

▼次回は、湿式の外壁仕上げをみていきましょう!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

≪住まいづくり専門コンシェルジェ≫ 福岡大学工学部建築学科に在学中、当時の人気建築家『宮脇檀建築研究所』のオープンデスクを体験。卒業後、店舗の企画・設計・施工の中堅企業に就職し、主に首都圏の大型商業施設、駅ビル等のテナント工事にてコンストラクション・マネジメントを体験。1991年に東京から広島に移住し、住宅リフォームのFC本部、住宅営業コンサルティング会社に勤務。全国で1千社以上の工務店・ハウスメーカー・設計事務所と交流し、住宅業界の表も裏も知り尽くす。2001年に独立し、500件以上の住宅取得相談に応じ、広島にて150棟以上の見積入札・新築検査等に携わる。2006年に著書「家づくりで泣く人笑う人」を出版。 マネジメントの国家資格『中小企業診断士』を持つ、異色の住生活エージェント。